ララホームで家づくり(新築・リフォーム)/宮城県大崎市・加美町

サイトマップ

ララホーム

HOME > 百年耐久住宅

百年耐久住宅

次世代省エネ・エコロジーであること/オール電化住宅には、高気密・高断熱住宅が最適です。

高気密・高断熱とは?

高気密・高断熱住宅は、各部屋の温度差が少なく1年中快適な室内環境を、省エネルギー・省コストで実現できます。

夏
●優れた断熱効果で、外の熱気をシャットアウト。
●冷やした室内の冷気を外に逃さず省エネ冷房。
小屋根空間も熱気がこもらず快適な住スペース。
大きな吹抜があっても高い冷暖房効果。
1、2階、南面、北面など、家中の温度をほぼ均一に保ちます。
冬
●優れた断熱効果で、外の冷気をシャットアウト。
●家の隅々まで暖房効果が広がり、家中が温度差の少ない!快適な室内環境。
●暖めた室内の熱を外に逃さず省エネ暖房。
壁体内の結露も抑えるので家全体が長持ち。
冬の浴室も温度差が少なく、より安全な空間に。
真冬の寒い日も北向のトイレのヒンヤリ感が抑えられます。
高気密・高断熱住宅のメリット
1.住む人にやさしい

寒暖の差が激しい東北では室内温度も変化しがちです。「高気密・高断熱住宅」は、外気温の影響を受けにくい設計になっており、いつも安定した室内環境を保つことが出来ます。例えば急激な温度変化があると、温度差が身体に負担となり、脳卒中や心臓発作をおこす可能性もあるのです。つまり、安定した室内環境は、お子さまからお年寄りまでご家族の健康になくてはならない必須条件なのです。

2.快適・クリーンで長寿命

結露の主な原因は室内外の温度差です。結露により湿気を好むカビ・ダニの発生しやすい環境となり、小児ぜんそくやアレルギーの原因になるばかりでなく、住宅の寿命を短くするともいわれています。一方、「高気密・高断熱住宅」は、屋外の寒さや暑さをシャットアウトするだけでなく、室内の温度差も少なくできるため、結露はもとよりカビ・ダニの発生を抑え、快適でクリーンな住宅環境を保つことができるのです。

3.省エネルギーで省マネー

断熱性と気密性を高めるということは、暖めた空気や冷やした空気が屋外に逃げていかず、室内温度のロスが少ない熱効率の優れた住宅になるということ。わずかなエネルギーで家中を快適温度にすることができるので光熱費が抑えられる。だから家計にもやさしいのです。
例えば、一般的な断熱材であるグラスウールの厚みを100mmにした場合、冷房で約40%、暖房で約70%の節約ができます。

だから電化機器との相性が最高なのです。

高気密・高断熱住宅には多くのメリットがありますが、屋内での裸火の使用は水蒸気や燃焼ガスを生み出すので、このメリットを生かしきれなくなってしまいます。その点、クッキングヒーターや電気温水器、そして電気式蓄熱暖房などの電化機器には燃焼部分がないので、心配は一切ありません。このように、オール電化と高気密・高断熱住宅は、お互いの持っている長所をさらに伸ばすことのできる最高の組み合わせなのです。

気密測定を実施します。

当社では、工事中に気密処理が終わった段階で、気密測定をおこなっております。
気密のレベルはC値というものであらわします。隙間相当面積といいます。
たとえば、穴の開いたバケツをイメージしてみてください。穴が小さければ水は少しずつしかもれませんが、大きな穴だとたくさんの水が漏れてしまいます。気密性とは、家(バケツ)からどれだけ空気(水)が漏れるかを表します。つまり、住宅に開いた穴(隙間)がどれくらいあるかを数値で表したものが気密性なのです。
家全体で隙間がどれくらいあるのかが、専用測定器で測れます。
断熱材をいくら厚くいいものを入れても隙間風がおおければ、暖めた空気や冷やした空気が入れかわってしまいます。断熱と気密、両方の性能が高くて意味があるのです。換気計画も気密がしっかりしているから、きちんとできるのです。

オール電化住宅とは?

オール電化住宅とは、調理、給湯、冷暖房など生活に必要なエネルギーをすべて電気でまかなう住宅のこと。電気ならではのメリットと、高気密・高断熱住宅のもつ確かな住宅性能が組み合わさることにより、理想の住まいづくりを実現できます。

イメージイラスト/安心・安全・クリーン・経済的
オール電化の暮らし快適3点セット


■蓄熱式電気暖房器
陽だまりのような暖かさで結露やカビを防ぎます。


■エコキュート
「エコキュート」は大気の熱と電気で効率よくお湯を沸かします。


■クッキングヒーター
空気も汚さずお手入れも簡単です。

電気のメリット
1.安全

裸火がないということは、火傷や不完全燃焼、ひいては火災の危険性が少ないということにつながります。しかも、機器の操作は簡単。メンテナンスフリー、燃料補給も不要といいことづくめです。最近では、この安全性の高さから、お得な融資・保険商品としてもとりあげられるようになってきました。

2.安心

万が一の災害時、ライフラインの確保・供給は最も重要となりますが、そのなかでも復旧が最も早いのは電気です。長時間の停電はほとんどありません。また、電気温水器・エコキュートや、蓄熱式電気暖房は、停電でも影響は少なく、むしろ非常用水源として活用できるというメリットもあります。

3.クリーン

クッキングヒーターや蓄熱式電気暖房は燃焼部分がないので、二酸化炭素等の燃焼ガスの発生がなく、室内の空気はいつもクリーンです。また、電気機器はカビやダニの発生要因につながる水蒸気の発生(結露、湿気)を抑えることができ、クリーンで健康的な室内環境を保つことができます。

高性能断熱材

高度な省エネ性能を持つ快適空間を約束する次世代省エネ基準相当の家づくりで快適で家計にもやさしい家づくりを実現します。

グラスウール

断熱効果はもちろん、遮音性・撥水性・防火性などにも優れた性能を発揮する断熱材です。また、抜群の耐久性により経年劣化の心配がほとんどありませんので、快適な住環境を長期にわたって維持します。

現場発泡ウレタンフォーム

圧倒的な高気密・高断熱性能を併せ持った画期的な断熱材です。現場発泡ウレタンフォームの特長は、

  1. 高気密性能
  2. 高断熱性能
  3. 長期に亘り隙間ができない
  4. 直接現場で吹付け施工するので、複雑な形状にも対応

ウレタンフォームは高気密・高断熱の両性能を併せ持つ現場発泡型吹付け断熱材です。専用の樹脂を吹付けることにより無数の気泡となって発泡した柔らかいフォームが隅々まで充填されます。素材自体の柔軟性と優れた自己接着力によって下地材に密着するので、建物の変形にもズレや剥がれがおきず、長年に亘り高い性能を保持します。

太陽光発電とオール電化と合わせて光熱費を節約!
加美町T様邸 平成21年度施工(3.212kWシステム設置)
平成22年月平均光熱費
  1. 述床面積/46.75坪
  2. 家族構成/4人家族
  3. 太陽光設備/3.212kWシステム
  4. 暖房/【蓄熱式電気暖房器】6kW:1台、3kW:2台、2kW:1台

<< 年間で242520円光熱費が節約できました。>>

※太陽光発電+オール電化を設置したご家庭での一例です。設置条件により金額は異なります。

ララホームのトップページ

土地分譲情報
これがララホーム
施工実績
お客様の声
ララホームの家づくり
100年耐久住宅
無料相談会活用ガイド
ワガママ住宅ができるまで
保証・アフターサービス
資金計画サポート
家づくりQ&A
ララホームの想い
ララホームの理念
会社概要
スタッフ紹介